記事一覧

専門会社なら安心

化粧品

手続きの流れ

海外で販売されている化粧品を日本で販売するときには、化粧品輸入代行を専門に行っている会社に依頼します。化粧品輸入代行会社は、輸入したいと思っている化粧品の詳細を聞いてくるのでまず輸入したいと考えている化粧品の詳細を連絡します。すると、化粧品輸入代行会社はそれを元に海外での販売実績や輸入できる商品であるかどうかを確認します。そして、その化粧品が日本で販売できる化粧品なのかどうかやどのような成分が含まれているのかを調べます。次は、費用の一部を支払い、その化粧品を販売している海外の化粧品会社との交渉を依頼します。交渉が成立すれば、日本で販売できるように国内用のラベルを製造し、輸入した化粧品に貼れるようにしておきます。また、その化粧品が安全なものであるかどうかを試験で徹底的に調べもします。それが終了し、日本国内の薬事法にもひっかからず、かつ安全性も保障されたときは輸入を開始します。輸入した化粧品が日本に到着すれば、その化粧品に国内用のラベルを貼り付けて、最後に販売できる商品であるかどうかの確認を行います。無事終われば、国内用のラベルがその化粧品に貼られ、貼られた化粧品は指定した場所まで運んでくれます。あとは、残りのお金を支払い全ての手続きが完了します。海外の化粧品を輸入して販売するには、薬機法や商標や容器包装リサイクル法、公正競争規約や景品法律もしくは法令や輸入する際の手続きなど、さまざまな解決しなくてはいけない問題があります。これを問題なくクリアするには、化粧品輸入代行を専門に行っている会社に依頼するのがベストな選択です。

オススメ記事

女の人

輸入代行業者が人気の理由

海外の化粧品を購入する際、便利なのが化粧品輸入代行業者です。化粧品輸入代行業者であれば、利用者は希望する商品を注文するだけで大丈夫です。後はすべて代行業者の方で行ってくれます。これが人気の理由にもなっています。

メイク道具

外国の商品の入手法

日本と海外の価格差次第で、化粧品輸入代行を使ったほうが国内で買うよりも安く入手することができるかもしれません。しかし輸入代行は規制が緩く、悪徳な業者も良くも見かけます。その為、以前取り引きしたユーザーのレビューから業者の対応や商品の状態を必ず確認しましょう。

女性

海外から化粧品を輸入する

工場を作り化粧品を販売するというのは膨大な費用が必要になります。このためOEMを利用したり既製品を販売するという方法も行われます。このさいの選択肢として海外から輸入する方法があります。しかし輸入には煩雑な手続きが必要です。それらの手続きを含めて行ってくれるのが化粧品輸入代行業者です。

メイクアップ

販売に関する代行業者

化粧品を輸入販売するためには、事前に様々な手続きをしなければなりません。どれか一つ欠けても法律違反となるため注意が必要です。化粧品輸入代行業者を利用すれば、全ての手続きを代行してもらえます。リーズナブルな料金設定となっているため安心です。