記事一覧

会社に依頼するメリット

ウーマン

スムーズな輸入が可能

人の肌に触れる化粧品は、厳しい規制があり、それは海外から輸入する化粧品にも適用されます。日本国内では化粧品は薬事法によって厳しく規制されており、また海外の化粧品を輸入して販売するには製造販売業または製造業の許可も必要です。そして、化粧品は国によって配合してよい成分に違いがあるため、輸入しようとする化粧品が日本の薬事法に違反していないかどうか、成分をチェックしてそれを厚生労働省に申請し、薬監証明を発行してもらう必要があります。税関では、この薬監証明が出された化粧品のみ輸入を許可するのです。海外の化粧品を輸入して販売するには、これらの一連の手続きを行う必要があり、かなり専門的な知識と化粧品にも詳しい必要があります。これらの手続きを、製造販売業または製造業の許可を持っていない会社では大変難しいです。その点、化粧品輸入代行会社では製造販売業または製造業の許可を持っていることが多く、しかも化粧品の製造や分析に慣れている会社も多いです。よって、化粧品輸入代行会社に依頼すると、専門的な知識が必要となる厚生労働省へ提出する書類や輸入手続きなどがスムーズに進められます。そして、これらの馴れない輸入事務手続きに悩まされることなく、依頼した会社は輸入した化粧品の販売に専念できます。また、正直売れるかどうかわからない海外の化粧品を輸入して販売するために、わざわざ製造販売業または製造業の許可を取得する必要もなくなります。その他にも、化粧品輸入代行会社では単発での化粧品輸入にも対応しているので、お試しで輸入して販売することも可能です。さまざまなメリットのある化粧品輸入代行会社は上手に活用して、販売する商品の幅を広げていきましょう。

オススメ記事

女の人

輸入代行業者が人気の理由

海外の化粧品を購入する際、便利なのが化粧品輸入代行業者です。化粧品輸入代行業者であれば、利用者は希望する商品を注文するだけで大丈夫です。後はすべて代行業者の方で行ってくれます。これが人気の理由にもなっています。

メイク道具

外国の商品の入手法

日本と海外の価格差次第で、化粧品輸入代行を使ったほうが国内で買うよりも安く入手することができるかもしれません。しかし輸入代行は規制が緩く、悪徳な業者も良くも見かけます。その為、以前取り引きしたユーザーのレビューから業者の対応や商品の状態を必ず確認しましょう。

女性

海外から化粧品を輸入する

工場を作り化粧品を販売するというのは膨大な費用が必要になります。このためOEMを利用したり既製品を販売するという方法も行われます。このさいの選択肢として海外から輸入する方法があります。しかし輸入には煩雑な手続きが必要です。それらの手続きを含めて行ってくれるのが化粧品輸入代行業者です。

メイクアップ

販売に関する代行業者

化粧品を輸入販売するためには、事前に様々な手続きをしなければなりません。どれか一つ欠けても法律違反となるため注意が必要です。化粧品輸入代行業者を利用すれば、全ての手続きを代行してもらえます。リーズナブルな料金設定となっているため安心です。